プロミス 親バレしない方法

プロミスで親バレしたくないならWeb完結で契約しよう!

 

プロミスでお金を借りる上での大きな心配の1つが親バレかと思います。
親と同居している場合、学生でも社会人でも絶対にバレたくはないですよね・・・。
ですがプロミス側もそういった利用者のニーズは把握しており、それが起きないための策は既に講じています。

 

では早速結論から言いましょう!
ズバリ、郵送物もカードも発行しない「Web完結」で契約してお金を借りることです。
これで親バレする要素は一切なくなる!と言ってもいいでしょうね。

 

▼郵送物0、カードレス可能なプロミスのWeb契約がこれ
カードレス

 

Web完結で親バレ要素を排除!

 

消費者金融を利用して親にバレるとしたらやっぱり郵送物の存在が一番大きいです。
親はやっぱり子供のことが心配ですし気になりますよね?
自分宛のものではなくて、一体何が家に届いているかはけっこうチェックしたりしていると思います。
もしそこにプロミスからの郵送物が来たら。。。はい、ぞっとしますよね。

 

まずプロミス利用の上では以下の3つが家に届く可能性があることをしっておいてください。

  • キャッシング契約書
  • プロミスカード(ATMで引き出しや返済に使える)
  • 利用明細書

 

キャッシング契約書をWEBだけで!

これはプロミスとの契約時に結ぶものであり、交付なしに!ということはできません。ですが紙で受け取らなければいいだけのことであり、WEB上での確認で済ませることが可能なWeb完結申込みを利用すれば大丈夫です。

 

もし書面でどうしても欲しい、でも親バレの可能性は嫌だ!ということであれば、直接自動契約コーナーや店頭窓口に出向きましょう。もしくはWeb申込みをしても郵便局留めにしてもらうという方法もできます。但し、その契約書を家で親に見られたら完全に終わりなのでやっぱりWeb完結を強くおすすめしたいですね。

 

Web完結のイメージ図

 

プロミスカードを発行なしに!

このカードがあればプロミスのATMや提携銀行、コンビニのATMでいつでもキャッシングができます。ですがカードもまた自宅に郵送されると親バレの可能性になるのでできればやめたほうがいいです。
仮にプロミスカードが無くても銀行振込という方法でキャッシングできますし、財布に入れておいたプロミスカードで家族バレに繋がるかも知れません。
細心の注意を払うならこれも発行しない選択肢を取ったほうがいいでしょう。
(カードレスの場合には返済の為の口座振替をする必要があります)

 

自動契約機でカードだけ受け取りもOK

自宅郵送以外の方法でプロミスカードが欲しい!という場合には、普通にWEB申し込みで契約まで進め、その後に近くの自動契約コーナーに行ってカードだけ受け取る!という方法も可能です。カードそのものを誰かに見られてしまってはその時点でバレてしまいますが、誰にも見られないように管理できるならそういう方法もありですね!

 

後でやっぱり発行して!も可能

後からやっぱりカードが欲しい!と思った場合でも発行はしてくれます。しかもその際の発行手数料はありませんので安心です。実際にカードレスでプロミスを使ってみて、自分にはカードがあったほうがいいな!と思ったらその時点で発行を依頼すればいいだけです。

 

利用明細書は全てWEBで確認!

いつ、いくらお金を借りた・返したという利用明細書は、貸金業法で発行が定められているのでナシにはできません。
ですがこれもWEBだけでの確認に留める方法があり、契約後に会員ページで利用者のあなたが設定をすることができます。
審査が通り契約が済んだら、まずはその設定をしてからキャッシングすることをおすすめします。

 

もしその辺の設定をせずにいた場合は利用明細書が届きます。
封筒にプロミスとは書いていませんが「事務センター」や担当者の名前で届くことが多いんですね。
そのためパッと見はプロミスとは絶対にわからないものの、逆に普段あまり見ない方からのお届けだと逆にそれが怪しまれる可能性もなきにしもあらず。
ということで、そこまでケアするならWEB明細サービスの利用を事前にしておいてください。

 

利用明細書が出ないATMもあるよ!

利用明細書では元金充当額や利息充当額など、あなたのキャッシングに関してかなり細かい情報まで載っています。
これは2010年に改正された貸金業法に基づくものになります。
ちゃんと明細を利用者に発行しましょうね!ってことなんですが、逆に言えばプロミス提携ATMなら画面上で詳細が表示されますので紙での明細の発行(郵送)がありません。

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • セブン銀行ATM、イオン銀行ATM

さっき、キャッシングする前にWEB明細の設定を!を書きましたが、
上記ATMの利用なら設定せずに借りても大丈夫なのでご安心を。
特に急ぎでお金を借りたい場合は細かな設定をする時間もない!可能性があるので、それなら上記ATMでお金を借りてください。

 

 

不必要に家電は登録しなくてもいい!

 

プロミスへの申込みの際、電話番号の入力は必ずあります。
ですが携帯電話と自宅電話のどちらも入力する必要はなく、あくまであなた自信と連絡が取りやすい携帯電話番号だけ登録しておくといいでしょう。
自宅の電話を登録しておいてそこに「プロミスのものですが〜」といきなり連絡が行くことは普通に考えるとありません。
ですが心配と言えば心配ですよね。

 

 

ただ都市伝説のように家電もあったほうが審査には通りやすいと言われる場合もあります。
でもそれって正直疑わしいレベルの噂でしかありませんし、携帯電話オンリーの方でもプロミスを使っている人はいっぱいいるので気にする必要は全然ないでしょう。
それよりも親バレのリスクと減らす方向性で考えたほうがより良いと思います。

当然だけど、返済連絡を無視したら親バレの可能性が一気に高まる!

ここまで読んでいただいてプロミスにおける親バレの可能性はかなり低くすることができる!とご理解いただけたと思います。
ですが大事なのはちゃんと無理のない借入をすることであり、返済が滞ってその連絡さえも無視するようになったら当然親にもバレる可能性は高くなります。
プロミスでは保証人は不要なので親に返済の義務が発生することはありません。
ですが何度も督促状が家に届いたり、最悪裁判所からの通知が家に届けば親バレは必至ですよね!?

 

ちなみに返済を遅延したあとの流れなんですが、

  1. まず携帯に電話が来る

    ※出ない場合は登録してある家の電話に連絡が来る可能性も大きい

  2. (電話がダメなら)メールで通知
  3. (メールでもダメなら)督促通知が発送される
  4. (それも無視なら)裁判所からより強い督促状が発布

こんな感じになります。

 

尚、自宅への電話でもプロミスとは名乗りませんし、
督促通知でされも発送元にはプロミスとは書かれないと思われます。
つまりそれだけ向こうも同居人が居た場合のバレに気を遣ってくれている、ということなんですよね。

 

裁判所からの通知も地裁からのものになるでしょうしプロミスとはわかりませんが、
さすがにそのレベルのものが来たら親に内緒にするわけにもいかないので間違いなくバレるしょう。

 

返済が厳しくなってもそれをちゃんとプロミスに伝えて相談すれば上記のような転落コースにはなりにくいため、
親バレをしないためにも連絡は入れて事情を説明すべきです。

プロミスで親バレしない方法まとめ

  1. Web完結で契約書は郵送しない!
  2. プロミスカードも作らずにカードレスでお金を借りる(銀行振込してもらう)
  3. 契約後に、WEB明細サービスの利用登録をしておく!

この3つをすれば親バレ、家族バレはまずしないと言っていいでしょう。

 

そもそもプロミスはこっちが利息を払ってお金を借りるという何も悪いことではありません。
返せないほど借りるのはダメですが、一時的に急場を凌ぐという意味ではちゃんと活用すれば最高のサービスです。
でもキャッシング=悪!と思っているような親もいるわけで、その辺のことを知られて面倒になるくらいなら、
知られなようにうまく借りて人生を謳歌したほうが私も良いと思います。

 

あ、ちなみにプロミスは初めての利用の場合、お金を借りてから30日間は無利息になります!
この嬉しいサービスも利用して、ぜひキャッシングで金欠を凌いでいきましょう!

 

▼実は親バレの心配なし!プロミスWEB申し込みで審査を依頼する
カードレス

 

※補足!親バレしないこんな借り方もあるよ!

 

親バレ防止のためにカードレスという選択肢もあるよ〜とお話ししましたが、
その場合は今までであれば銀行振込での借り入れに方法が限定されていました。

 

ですが最近になってスマホATMというサービスが登場し、
これならアプリをインストールしてセブン銀行に行けばプロミスカードなしでも借りたり返したりができちゃうんです。
これ、現状ではカードなしだけどATMからお金を下せる唯一の方法です。

 

もしカードは発行しない、でも突発的にお金が必要になった!
という場合にはぜひ後々この方法も使ってみてはどうかと思いますよ!